冬は何日も連続する強い北風のためダイビング器材干し場の屋根は撤去していた。
(今年は、3度ほど台風以上(15メートル以上)風が吹た。)
近づいてくる「ゴールデンウィーク」のことも考え、屋根を設置。ダイビング器材星の面積が増えた。
いつ強い風が吹いてもいいように取り外し 取り付けは簡単にしている。
番線(針金で木を固定する)の使い方はとても師匠と呼んでもらっても構わないくらいだ。