富山 高岡 日本海を潜ろう!
当店のこの頃をお知らせ

ダイビング報告

ニジギンポの卵「目」が見えてきた

先週から「ニジギンポの卵」が確認できているが、 興味に行ったところ 順調に成長していることが確認できた。 オレンジ一色であった卵が、透明な部分と黒い部分に。 黒い部分は、「目」である。 もうそろそろ孵化だろうか?

長くいそうな「アオリイカ」(伏木国分海岸)

動画が暗く見えにくいですが、「アオリイカ」 例年は、1週間ほど確認出来てその後どこかに行ってしまうが、今年は、いつもいるところが一緒 まだ小さいので長く確認できそうだ。

九十九湾ツアー 強烈な雨のため 1本のみ

今年の8月は、雨が多い。 6・7月の梅雨に雨が降っていない分、8月になってから雨の日が多い。 今日は、能登半島「九十九湾ツアー」 よく「バケツをひっくり返したような雨」という表現があるが、 今日は、「バスタブをひっくり返 …

越前海岸の「アジの群れ」

北陸高速道路を普通にした「雨」の影響を心配していたのだが、 劇的に透明度がよくなったとの事。 のんびりと「アジ」鑑賞のダイビングとなった。 ダイビングの後は、「三国花火大会」に参加。

越前海岸で撮影「キイロウミウシ」

伏木国分海岸では、見ることができない(見たことのない)「キイロウミウシ」を発見。 シロウミウシ アオウミウシとは、形が違う。 ちなみに「アカウミウシ」というのはいない。 「○○アカウミウシ」だと図鑑に載っている。

泳ぐのが当たり前の魚。しかし歩く魚もいる

魚のひれが進化して「歩く」ことができるようになった魚をご紹介。 動画はオニカサゴ。 通常であれば顔を中心に撮影するが今回は、足を中心に撮影してみた。 歩く魚は、他に「カエルアンコウ」「ウミテング」などもいる。

北陸地方の大雨の影響を受けていた伏木国分は「回復傾向」

石川県「小松市」では、警戒レベル5が発動された8月上旬。 それほど近いわけではないこの伏木国分海岸も大量の雨が降った。 海に雨が降ってもあふれることはないが、かなり透明度が落ちた。 2日ほど体験ダイビング ファンダイビン …

福井県越前海岸沖の玄達瀬ダイビングツアー

今年初の企画「玄達ツアー」 福井県の越前海岸沖にある玄達瀬へ 日本海の水深300Mから立ち上がっている 一番浅いところで15Mほど 目の前一面魚だらけ!楽しんできました。 来年も企画予定です。

夏のミノウミウシ「ハクセンミノウミウシ」今年も確認

夏のウミウシで代表的なのが、アオウミウシを代表としてたくさん伏木国分で観察できる。 その中で ミノウミウシは、冬のイメージ ハクセンミノウミウシは、毎年この時期に確認できる。

« 1 2 3 4 32 »
PAGETOP
Copyright © ダイビングスクールオーシャン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.