この頃の伏木国分は、カミクラゲがフワフワ浮いている。

カミクラゲのシーズンは、今から
体長 2センチの小さなクラゲから 全長15センチほどまで色々な大きさが見れる。

このクラゲは、毒性は弱く刺すと行ったことはあまりないらしいが、
顔の前にフワフワ流れてくるとそむけてしまう。
クラゲ=危ない とDNAに刻まれているみたい。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP