毎年この時期に深海魚「ホウボウ?オニカナガシラ?」が伏木国分で観察できる。
通常200メートル以上の深海に生息することが多い魚であるが、卵は浅瀬で産む。
孵化した幼魚が確認できる。

図鑑では、ホウボウの幼魚は、「黒」と書いてあるのでホウボウではないのか?
胸鰭のデザインが近いのが「オニカナガシラ?」である。

胸鰭のきれいな絵柄を見せるのは威嚇のポーズだそうだ。
「南に向いている窓を開け♫」のジュディーオングを思い出すのは、私だけではないはずだ。