ナイトダイビングの写真撮影は、悪条件満載。

カメラのピントは、光がないと合わない。
ナイトダイビングでフラッシュ撮影の際は、暗くてピントが合わない。
ライトを近づけると「逃げる」
夜行性の生物に光を当てると当たり前のように逃げる。

ピントが合わない。逃げるといった悪条件満載。
チャレンジしてみてほしい。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP