富山 高岡 日本海を潜ろう!
当店のこの頃をお知らせ

月別アーカイブ: 2022年10月

今日新しいダイバーが誕生

ダイビングの最初の資格 オープンウオーター講習無事に終了。 無事はもちろん無事ですが、8月から海が安定せずに延期ばかりして10月末にようやく終了。 これからダイビング楽しんでほしい。

2022年も残り2か月とちょっと 2023年のカレンダーを準備

1年は、あ–っという間に過ぎてしまう。 2023年のカレンダーを今日掲示した。 次の仕事は、太平洋側のツアーの企画。 2023年 1月から3月まで3連休がない!(1月の1週目は3連休あり) 2泊3日の太平洋側 …

海は大荒れ 北東の風10メートル

10月24日から25日(夜)に伏木地方は、10メートルの北の風が吹いた。 伏木国分海岸は、北の風には弱く 嵐になる。 海の色が茶色になっている。 そんな嵐の中、虹を発見! 当店の2階ベランダから撮影

うっすらとしか見えなくてすいません。伏木国分海岸の「カマス」

このダイビング終了後には、大荒れになった伏木国分海岸。 海の中にはカマスが列を作っている。 嵐の時は、魚は大変だと思う。 気を抜いたら陸に上がってしまうかもしれない。

数年前からチダイが多くなった伏木国分海岸

数年前まではあまり見ることがなかった「チダイ」が群れています。 動きがトリッキー(行くと思ったら止まったり 急に速く泳いだり)な魚。 砂地で群れているので紹介するのが増えてうれしい。

伏木国分のウミウシ「ヒカリウミウシ」本日確認

夜になると光るという「ヒカリウミウシ」本日確認。 伏木国分では、9月から10月は、ウミウシの種類が減る。 アオウミウシ シロウミウシ クロシタナシウミウシぐらいしか確認できない状態であった。 ようやく違った種類のウミウシ …

ナイトダイビングの楽しみ方 その3 「キスをしながら眠るカワハギ」

海には流れ・うねりがある。 魚は寝て起きたら「ここは何処??」とならないように同じ場所にいたい。 そこでカワハギは考えた。 何かに吸い付いていれば流れない。 写真は、テトラポットの貝に吸い付いて離れないカワハギ 寝ぼけて …

ナイトダイビングの楽しみ方 その2「昼と夜では体の色が変わる」

昼と夜では、体の色が変わる魚がいる。 伏木国分海岸では見ることができない「チョウチョウウオ」だが、昼は白と黄色だが、夜になると白と茶色になる。 (南ので確認してみてほしい) 伏木国分で今見れるのは、 写真1枚目 「ヒメジ …

ナイトダイビングの楽しみ方その1「夜に活動する生物を観察」

ナイトダイビングのイメージを聞くと「暗い」「怖い」という人がいる。 決して暗くはない。 LEDライトが主流となった今では、最大出力で照らすと魚が逃げていくくらい明るい。 20年ほど前は、東芝の黄色い大きなライト(ハロゲン …

ダイビング業界も「脱プラスチック」が進む

伏木国分海岸は、北の風が吹き 潜れる日が少なくなってきた。 心の中は、はまだまだ「夏」なのに、ドライスーツも準備して「秋」モードになりつつある。 さて、今日の写真だが 器材のオーバーホール部品のパッケージが、プラスティッ …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © ダイビングスクールオーシャン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.