ダイビング業界も「脱プラスチック」が進む

伏木国分海岸は、北の風が吹き 潜れる日が少なくなってきた。
心の中は、はまだまだ「夏」なのに、ドライスーツも準備して「秋」モードになりつつある。

さて、今日の写真だが
器材のオーバーホール部品のパッケージが、プラスティックから紙に変化している。
ダイビング業界も「脱プラスチック」が進んできているようだ。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP