先日から今年のダイビング器材メーカーのカタログが届いているとお伝えしておりました。
内容を確認してみて「気がついたこと」をお知らせします。
ダイビングコンピューターに関して今日は記載します。

①当たり前になってきているのが「ブルーツゥースでスマートフォンと連動」
②大きさが2極化 (1)腕時計と同じ大きさ (2)大画面

②ですが、ダイバーの高齢化が問題になっています。
腕時計タイプだと液晶の数字が小さくて読めない。
時間と水深が大切なダイビングでは、大問題です。
「大人の眼」の方には、どうしても大きな文字=大画面が必要となってきてます。

大きな液晶でもう一つ上げると「カラー液晶」タイプが多くなってきています。
これも読み間違い防止に一役立つ優しい設定になっています。

大人の眼の方にも安心・良心的なダイビングコンピューターが発売されています。