福井県常神半島を潜ると水中に「恵比須様」

福井県 常神半島といってもピンとこない方は、三方五湖の外海と思ってほしい。
常神半島=いつも神様がいる半島 とても神秘的な地名

名前の由来を調べてみた。
常神半島の島の名前は神功(じんぐう)皇后を祀る常神社(つねかみしゃ)に由来するといわれ、
また半島から500m西には無人島の御神島(おんがみじま)があり、かつてこの島には神が住んでいて、
様々な厄災から人々を守ってきたといわれています。

ダイビングでは、水中に恵比須様の石像があり、今日は石造の上に「メバル」様が鎮座されていた。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP