海には流れ・うねりがある。
魚は寝て起きたら「ここは何処??」とならないように同じ場所にいたい。
そこでカワハギは考えた。
何かに吸い付いていれば流れない。
写真は、テトラポットの貝に吸い付いて離れないカワハギ

寝ぼけている間に、カワハギの口の近くに手を出すと手に吸い付いてくることがある。
ぜひチャレンジしてみてほしい。